保護猫を貰い受けて暮らす猫日記


by komitsuko2006

ごーじゃすソファ

どんどんグレードUPしていく、公園ちゃんたちの暮らし・・・

丸いソファを一匹が独り占めできるくらい、みんなヨユーです

f0011267_15342370.jpg


この子って、あんまり立場よくなかったはずだけど
みんなが譲ってくれたのかな??

おちゃびん2号さんも、ねぼけまなこ・・・

f0011267_15351469.jpg


ああ、これじゃあ、だれも飼い猫になりたいなんて
思わないよなぁ・・・

f0011267_1536970.jpg


お山もどんどんあったかくなって来てます
[PR]
# by komitsuko2006 | 2008-03-13 15:36 | ねむねむ

実家たん激写成功

実家周辺を縄張りにしているにゃんこ、その1さんを
やっとカメラに収めることができました♪

f0011267_22242663.jpg


↓の生コンクリの足跡の容疑者でもあり~の、うふふ

名前なんにしよーか、迷い中ですが
背中の柄がロールシャッハなのでw
ロールちゃんと呼ぼうかな~~
[PR]
# by komitsuko2006 | 2008-03-08 22:26 | 遊ぶ

差別と区別と好き嫌い

今日は寒いけどお天気も良く
登山客さんたちも、ひっきりなしに神社にお参りに来られます
いつものごはん配達の方もいれば
単にお弁当を食べに寄るお客さんも・・・

扶養家族さんたちも、結構がっしり・・つーかそろそろメタボ・・・w

f0011267_8432981.jpg


栄養が偏ってるせいだろうけど、それでも餓えてはいません
ここや公園の子は、案外豊かな暮らしなのです・・・


しかしだ

f0011267_8445586.jpg


扶養家族ちゃんの1匹が・・・・
食べ物をくれそうな人間を見るやいなや・・・・・

ふくふくに威嚇攻撃をしかけました

・・・・・き、き、貴様~~~!!!!

お前、どんだけ、ふくふくに世話になってんだよ!
それを忘れて、自分が先だ!と爪立てて威嚇たぁ~~

フザケルのもたいがいにシロヨ!!




ふくふくも何で黙ってんだよ!
怒っていーよ

これじゃあ、まるで、

家庭内暴力のニート息子に、ただ甘アマなだけの
オロオロする母親??

そーとしか見えないよぅ・・・・

「ワタクシの育て方が間違ってたんですわ、よよよ~~~泣」

ってか??


確かにふくふくの方が一年年上だし、多分こいつらは
母猫が同じ三毛で
長女のふくふくに、扶養を一任してるっぽいんですが・・・・

ふくふく、悲しそうだった・・・

f0011267_8514229.jpg


これなら、ふくふくだけ連れて行ってもいいか~とさえ思ってしまうよ
まあ、ニート兄はちゃんと遠慮するヤツで
自分の立場くらいわかってる感じなんだけど
サバトラの馬鹿息子たちは、最低だぁ

f0011267_8575744.jpg


一度ぬるま湯から放り出されないと、世の中のしくみが分からないのは
世間の甘やかされた子供と同じ・・・

ああ~~~あああ、猫もおんなじ


心の構造は、同じなんですよねぇ・・・・




差別と区別・・・
好き嫌い・・・

これらを超越してこその保護活動、なんですが・・・


私には、やっぱり無理
かわいく思う子と、憎たらしい子がどうしてもできてしまう

それを避けようとするなら、それは観察しないことです
知りもしない、よくわからない相手には、常に平等公平でいられるもんね

(最近の学校の先生が、生徒に興味を示さない理由はここらへんかな?)

でもそれで、猫を理解しようとしない人が正しい判断ができるのか?といえば
まるでだめだと思うし・・・
人間にとってどう都合がいいか、と言う理由を捻じ曲げて
「猫のため」とすり替えるギミックは許せないしなぁ・・・

そしてまた、ダレに向かって吼えればいいのかわからない問題に
悶々とするのでした・・・
[PR]
# by komitsuko2006 | 2008-03-07 09:08 | 生き物が生きること

久々に猫絵

かわいいアビMIXの写真を見て、ちょっと描きしました by 写真屋(未だ5.0)

f0011267_150254.jpg


やっぱり、もあもあの絵はまだ描けないデス・・・
知らない子ならいくらでも描けるのですが
一緒に暮らした子は、まるで面影を追った遺影のようで・・・・
[PR]
# by komitsuko2006 | 2008-03-07 01:08 | 遊ぶ
でも、来たシゴトはいたじまず~~う

舌の根も乾かぬうちに、しこしこ描きますぞな
描けと言われリャ、あっそれ、なーんとで~も~~

f0011267_15533884.jpg


これはイラレ
10もCSもあるけど、未だに8.0でやってましゅ
だって、使いやすいもーん


太マジックでぎゅいーんって描くだけの、ちゃめ系も多いけど
こーゆーのは、描いてて楽しいっすぅ・・・
リアル系の方がどっちかてーと好きです


ああ、猫の絵の仕事だけはいやだな
描けと言われリャ、どんなにでもかわいく描くけど
連中の儲けのカタボを担ぐのは、いやじゃ
でも、ふくふくたちのご飯代も欲しいのじゃ
連中から搾取するのじゃ(笑)


ああ、我ながら矛盾しまくってますが
ああ、これが世間で生きるとゆーことでしょうな

お魚さんとは、まだ心を通わせたことがないので、それも気が楽かも
[PR]
# by komitsuko2006 | 2008-02-26 16:05 | 生き物が生きること
殺処分が停止されても、捨てる人は減らないと思うので
野良野良が、そのらじゅうにいっぱいいるようになったとして
それから、どうなるんだろう・・・と考えてみました


多分犬は許されないだろうな
わんこは徒党を組んで、食べ物がある場所や、持ってる人を襲うからね
(実際、4年前に、多布施川沿いの遊歩道で
二匹の野良わんこにスーパーの袋引っ張られたしね・・・
果物しか入ってないのにさ
おなか空かしてて可哀想だった、後でフードをあげたよ
近所の住人ににらまれたけどさ
わんこたちは、人間なんか全然信用してない風だった
牙むいて唸って近寄れなかったので
袋を破いて投げたよ  そりゃ、近所の人は怒るだろうな(笑)
きっとその後保健所が来て、彼らは闇に葬られたんだろうな・・・・)


野良猫が、そこらじゅうにいっぱいになったら


ワタシは嬉しいけれどさ


今まで、にゃんこなんかどーでもよかった人が
一気に猫嫌いにシフトするよね、きっと・・・


可愛くて、好きになって、飼いたくなる人は多分圧倒的に少数派・・・



動物を捨てたら罪になるようにする
それもいいけど、どうしても飼えない人はどうするだろう?
きっと、誰にもわからないように殺すんだろうな
殺しても罪になるけど、発覚しなかったら、きっとそのままだね
自分の子供ですら、殺しちゃう人がいるわけだからね




猫はいて当たり前


にするのにはどうしたらいいんだろう?


殺処分は論外だけど、本当は避妊もあまり推奨ではないです
今は確かに、増えすぎるのを抑える目的におっついてないからいいけど
これが、行政をあげて、になったら怖いな
だって、子供を生ませてもらえる猫が、選別されるわけだし
多分ブリーダーのところで、特定種だけが生めるようになるんだろう
これでは、種の多様性が失われるよね
飼い猫のほとんどが、20年近く生きるようになったら
子供が今みたいに沢山は生まれなくなるだろうし

だいたい、沢山の猫が可愛がられるようになったのは、戦後の裕福になった頃からで
飼い猫が20年も生きるようになったのも最近だしね

5~7年で寿命がくるから、沢山生むんだよね、犬も猫も
戦後70年じゃね
人間なんか、彼らは遺伝子レベルで全然信用してないわけだからね



行き過ぎた保護は、多分種の滅亡に繋がるんだと思う


だから、いるのが自然、って風にしたいなぁ


生ゴミあさるから、猫は外に出さないでってさ


生ゴミ出すような暮らしを止めればいいじゃん(怒)


食料自給率がどうこう言ってるわりに、誰も危機感なんかないしね
そもそも、弁当やバーガーを廃棄処分してるような店は
ボイコットすべきなのにさ



病気が蔓延してるから、外に出さないってさ


でも、猫はコミュニティの中で生きる動物なのになぁ
室内だけで暮らすなんて、本当は虐待のはずだよ
盲目のこまちちゃんのように、自分の意思で出ない子ならともかく
元気な子は外に行きたいに決まってるんだ


どっちにしろ、愛してる人も嫌ってる人も、猫の暮らしを歪めてるんだよね
どうすればいいのか、それはワタシにも答えが出ないけど



あ、ボラさんと話してて、「どーしろって言うのよ!」と切れる人と
「どうすればいいんでしょうね」と自問自答する人がいるけど
前者は明らかに欺瞞に満ちた人だけど
後者は、本当に悩んでいる人だと思う
いつだって、逡巡して左右に振れて、模索し続けてるのが本当だと思う
だから、特定の道筋に邁進してる人は、狂信者だ
かかわってはいけないね



ああ、せめて犬も猫も、人間と同じように、戸籍を作って守ってあげたい
存在を法的に守ってやれなきゃ、何が動物愛護だよと思うね
そうすれば、捜索もきちんとできるのになぁ・・・

言葉が発せないって、もどかしいだろうな
もあもあも、言いたいことが沢山あったと思う
いなくなって、もう半年以上たってしまった
アイツはきっと元気にやってると思うけど
気持ちをわかってやれなかった、自分を悔やむよ
未だにトイレもベッドも、9月3日のままだよ
旦那は片付けろって言うけど、そのままにしとくもん
[PR]
# by komitsuko2006 | 2008-02-22 19:26 | 生き物が生きること

ソウシチョウさん

ふくふくたちのいる神社の少し手前は
ソウシチョウのスポットです

すばやいので、なかなかいい写真が撮れませんが
今回、なんとか収めることができました~

ふんばる!

f0011267_9224450.jpg


ふんばる!

f0011267_9225715.jpg


よくばる!

f0011267_9231125.jpg


でも、かわいい!!

f0011267_9232429.jpg

[PR]
# by komitsuko2006 | 2008-02-19 09:23 | 遊ぶ

この不寛容な世の中で

リフォーム中の実家の外溝工事が、だいたい終わりました

左官さんが、玄関前のコンクリを打った翌日の朝には


これでした↓

f0011267_1031073.jpg



ぷぷぷ~~!( ´艸`)
いや~~ん、かわいい~~~~っ
いつも来るあの子かな?
それとも、あの子かにゃ~~~~??
っへっへっへ


とか思うのは、勿論私だけで・・・・

左官さんも、工事責任者も、施主である母も、全員が

不可

です
そんな~~~い~~じゃん、このくらいぃ
見て見てよ、このへこみ具合!

f0011267_10392947.jpg


猫はね~~、打ちたてのコンクリに足跡を残すのに
無常の喜びを感じてる(かも知れない)のよ~~!
昔、別とこの、本当に打ちたてじゅるじゅるのコンクリに乗ってしまって
肉球の隙間の中まで、コンクリでべっちょりなってしまった
オマヌケなにゃんこもいたけれど
良く見て頂戴!
きちーんと、足にじゅるコンクリがめり込まない程度に固まった
一番いいあんばいの頃に、サクサクと乗って行ったのよ、コレ!
まるでハリウッドの手形のようなものなの

それなのに~~、翌日には左官さんが綺麗に直して行かれました



しゅーん



ああ、この不寛容な世の中
にゃんこのしでかす、こんな程度のことも、大目に見てあげられないのね

だから私は人間相手には寛容になれないのかもw
[PR]
# by komitsuko2006 | 2008-02-14 10:45 | 遊ぶ

命が尊いといいながら

どんな人の命尊い
どんな生き物の命も尊い

このフレーズに真っ向から反論できる人間はあまりいないでしょう


しかし、現実には


え~、野良猫なんか死んだってかまわないじゃない?
だって生ゴミあさって迷惑だし、庭にウンチやおしっこするのよ

野良犬が近所をうろついてて、怖いのよ
子供がかまれたらどうしてくれるのよ
早く保健所が処分してくれればいいのに



自分の手を汚さずに、他者の死を願う
自分を善良と信じて疑わない人間が、それを権利と妄信している限り
捨てられた子猫も、野良として生まれた子犬も
生きるための手段をすべて奪われて、冷たくなって行くのです

彼らは生きるために生まれてきたのに
生きる術を、少ない選択肢の中から選び取って生きているのに
善良たる殺意が、彼らを追い詰め殺すのです

では、殺すことを排除することを止めればいいのか?

保健所で殺処分するのを止めればいいのか?

止めろ止めろというのは簡単だし、そんなもの政治の圧力があれば
停止させることも可能でしょう
けれど、善良(!)な住民が、彼らの存在を認めない限り
保健所が殺さなくても、誰かが彼らを殺してしまう
外歩きする猫の春の声がたまらなく嫌いな人が
排泄する猫を許せない人が
思い余って、庭に罠をしかける・・・猫は大怪我をしてしまう
けれど、動物虐待で訴えたところで、飼い猫でない子の損害を
裁判所は認めないでしょう
認めたところで、どれだけの罪になると言うのか
野良が激減した現在ですら、そうなのに
それが数十倍に膨れ上がったとしたら、結果、人間がとる行動は簡単に予想がつきます

また殺せ、殺処分を止めたのは間違いだ

もしくは行政が、「各人で個別に処分を御願いします」


そうなることでしょう
今よりもっと状況は悪くなってしまうかもしれません


その対策として、避妊手術をあげる人がいます
これは暴力ではなく共生のための苦渋の選択だと

そうかも知れません
いずれにしろ、生命のありかたを歪めなければ
共存できない所まで来てしまっています

しかし、一匹の子猫子犬も殺さずに、すべてに避妊手術を施すとしたら
その予算はどのくらいに登るでしょうか?
行政の予算を振り向けて、では、何を削るのでしょう?
善意の寄付でまかなうのでしょうか?
それとも、動物病院にタダ働きをさせられるような法律を作るのでしょうか?
それでこの条件が満たされるとはとても思えません


またシェルターで保護し、飼い主をつのればいいと思う人もいるでしょう
しかし私は考えるだけで恐ろしい
引き取ってくれさえすればいい人が、どんどん持ち込んで
満杯になったシェルター・・・
そのために無尽蔵に予算を組むことを、国民がどこまで容認できるのか
予算が足りない施設で、何が行われ、何が行われないのか
数ある凄惨な事件を思い起こしてください
夢見がちな善意が、どれほど残酷な結果を生むか

結局破綻する結果にならないように、どのような対策を考えているのか
そこまで話ができる人には、まだ出会っていません




これらは、明らかな生命の選別です
今いる子を保護し、避妊して、共に生きるしかない
そう言う対処が、一般人にできる限界でもあるのは、否定しません


年寄りや子供が、野良犬に噛まれて怪我をしたり死亡する・・・犬は捕獲され殺処分されます
野良でなくとも、飼い犬でも、飼い主に責任が課せられ、犬は殺されます
逆に、自分の犬猫が来客や通行人に損害を与えたとしても
まるで関知しない、むしろ相手を悪く思うような、歪んだペット至上症候群のような
(ただの人間嫌いか?)人々もいます

すべては、人間の損害が第一だからなのです
決して、主体が動物になることはありません
主体は人間であり、人間の考え方だけが優先され、
動物はそれに翻弄され続けます
彼らが彼ら自身を守ることも、訴えかけることもできはしないのです
彼らのために、と言いながら、彼らの本当の声を聞く人がどれくらいいるでしょうか

そして、これは人間の作る法治国家であるかぎり、どうにも揺るぎません



まだ、野良も飼い猫もあまり差がなかった時代
命の線引きすらあいまいであったあの時代に
端から死に行く命のそばで、それでもたゆまず逞しく生まれ出る、
その循環の維持バランスが途絶えた今
なにをもって、重畳とするのかを明確にしない運動に
私は諸手をあげて賛同できないでいます

いったい結果、なにを求めているのか判然としない活動に
本当に意味があるのでしょうか?

存在しえないシャングリラを餌に、何かを妄信したい人間のエゴを満たすためか?

目の前の命をただ救いたい
それは、見えない命は仕方がないけどあきらめよう
そう言うことになります

しないよりはいい

は結局、目にする人の感情の収まりのつきかたにすぎません
そんな活動の主体は、あくまでも人間の気持ちがそこそこ収まりがつくかどうかなのです

人間の命も、生き物の命も、すべてを救うことなどできません
できると信じているとしたら、薬で幸福な場所へ行ってる中毒患者と同じです



善良を装う人間が、世間体から反論できないでいる「命の尊さ」
それは、方便でしかないのです
他者の尊厳は、自己の尊厳の背反にすぎません
自分の命が大事だから、他人の命も貴ばないと、自分に跳ね返る
だから、命は大事だと言うけれど、本当に見知らぬ相手の尊厳と
今、窮している自分の尊厳を同等に考える人がいるでしょうか?

ましてや、不要と思う命に対して、人間はいかにも残酷です
暴走族なんか、その場でみんな銃殺すればいいのよ
凶悪な殺人犯はみんな死刑にしてもらわなきゃ

歴史の中で、これが別人種、別の国民であった事実は枚挙にいとまがありません
人間は、自分の都合でどうにでも考えを変える生き物なのです

善良な市民は皆、自分の手を汚さずに、不都合な他者の死を願うものです
最大多数の最大幸福が民主主義の理念であるかぎり
人間に害をなすモノはすべて排除対象です
何故、犬が猫が飼われてきたのか、その歴史を知らない人はいないと思いますが
今、その役目を追われた存在が、ただ愛玩物としてのみ存在を許される
この状態そのものが、すべての元凶だと、何故気がつかないのでしょう

そして、この状況を誰が打破できると言うのか、です
日本では、今、ネズミの大発生に悩まされ、伝染病で人間が大量死する事を望みません
労働力としての犬、狼などの野生動物の防御
そんな役目を負わせるための存在を必要とする人も少ないでしょう
営々と何千年も築いてきた共生関係は、とっくに破壊されたのです

いると癒される

ただこれだけの役目を負わされたペットたちが
人間に選別され、生殺与奪をゆだねねばならない
この理不尽さを、どう考えるのか、です


愛して愛して愛してやまない、私たちが彼らを結局殺しているのです



特定の子と一緒に暮らす、それはただのエゴです
愛情はエゴです
それ以上でもそれ以下でもありません
上で、生命の選別を容認したのなら
選別に漏れた子たちが死に行くのに目をそらしてやり過ごす、
それが、特定の子と暮らすと言う選択と同義になります


もあもあさんを引き取る時に、私は他の子を否定しました
もあもあさんだけを容認したのです
どの子も助かりたいのに、幸せになりたいのにね

そんな、後ろめたさを消したいがゆえの保護活動は
やっぱり自分の気持ちをおさめたいだけのエゴでしかありません
野良なんか殺しちゃえ、と言う人のエゴとどう違うのでしょう



そして、ここで「違う」と言い切れる人たちの欺瞞と妄信が、私は恐ろしい
気持ちの悪い宗教に毒されているように見えてしまうのです




けっきょく、ぐだぐだな考えになって
今日もただ、ご飯をあげに行くだけの私でした・・・・



おちゃびん2号さん、大きくなって今日も元気
相変わらず、人には懐かないシトです・・・・

f0011267_21482963.jpg


黒アメショ1号2号
更に傍若無人にふてぶてしく、要求だけする高飛車にゃんこにw


新顔さんもいました
また誰か捨てたの~~~??はあああ~~~~~↓↓↓
f0011267_21484261.jpg

f0011267_21485437.jpg



理想を言えば

そこらじゅうに野良猫がいて、それが当たり前な暮らし
誰も文句を言わない、普通の暮らし
猫の粗相を迷惑と考えないのが普通なことな暮らし

人の考えが変わるのが、一番いいのだけれどね




命の選別が許されないと思うのなら
まず、飼い猫飼い犬を全面的に禁止してはどうだろう
「すべての動物を公共の命に」
・・・・・・・・・あ~~あ、言っちゃった(笑)
[PR]
# by komitsuko2006 | 2008-02-11 18:59 | 生き物が生きること
義妹の家には、公園の野良だった保護猫が3匹います

姫ちゃん、ゆずちゃん、そして、盲目のこまちちゃん

みんな5歳

そのこまちちゃんが、お正月の3日に腎不全で逝ってしまいました
埋葬する直前に、私たちも家に行きついて、
偶然とはいえ、こまちちゃんが呼んでくれたのか、と思いました

こまちちゃんは、生まれつき盲目で、体も弱く、外に出ない子でした
そんなこまちちゃんを、姫ちゃんとゆずちゃんは
入れ替わり立ち代わり、寝床に見舞っていたそうです

2週間、点滴だけで生きていたこまちちゃんは、痩せほそっていましたが
苦しんだ表情はありませんでした
みんなでお線香をあげて、ぐるちゃん(ビーグル15歳・秋永眠)の隣に埋葬しました

こまちちゃんの死に際まで、ずっとついていた、姫ちゃんとゆずちゃんは
息を引き取ったこまちちゃんには、決して近寄ろうとはしません
猫の哀悼とは、死を蹂躙しない事なのです
遠くから、送るのです
生きるものと死したものとの厳然たる離別は、自然の掟なのでしょう

こまちちゃんは、この家に来てとても幸せだったと思います
野良で盲目では、母猫に守られた数ケ月すら生きてはいけなかったでしょう
ゆっくりと歩き、人間に寄り添い、優しい声で鳴く子でした

こまちちゃん、安らかに眠ってください

f0011267_1013342.jpg

[PR]
# by komitsuko2006 | 2008-01-08 10:13 | 生き物が生きること