保護猫を貰い受けて暮らす猫日記


by komitsuko2006

黒アメショちゃんはやっぱり野良でした

先週の公園のにゃんこたち
やっぱりいました!

そして・・・・・・たくさんの人たちから、美味しいものをいっぱい貰ってましたw


人懐こすぎるくらいです


夫のヒザに、クラッシクタビーたんがちゃっかり乗って
暖を取ってるのを見たマッカレルたんが、無理やり・・・・・


f0011267_8355147.jpg


あらよっと・・・

f0011267_83616.jpg


つめてつめて~~

f0011267_8361194.jpg


この二匹、重い!
栄養が行き届いてるし、全くにおいもしません
1週間でも野良生活したら、普通はそれなりのにおいがしますよね


どんだけ、健康なんだか!!(笑)


いろんな方たちが、入れ替わり立ち替わり、この子たちの世話をしに
来られるんだそうです・・・・


そして、こんなにも人に慣れていて、すんごく可愛い!となったら
まず、連れて行こうと思いますよね・・・・

そして、何人もの方が、保護にトライされたそうです

まるで自分の占有物のように、人間のヒザから降りようとしないアメショたんたちですが
いったんキャリーや箱などに入れようとすると・・・とたんに


大暴れして手がつけられなくなる

んだそうです・・・・

つまり、この子たちは保護される事を全く望んでないのです・・・
この公園で、食べ物を貰って、楽しく暮らしたいらしいのです・・・・


これから寒い冬を迎えるのに・・・
ボランティアさんたちも途方に暮れています
せめて避妊手術くらいはしないといけないとは思うのですが
それも難しい・・・

まあ、お仲間が沢山いるので、猫団子になってれば寒さはしのげますがね

f0011267_8472428.jpg


こんな暮らしで、ここまで健康な野良ちゃんは見たことがありません
つーか他の皆さんもツヤツヤですよ


半年前までは、ここの猫たちはかなり窮乏してましたし
ほとんどが病気でした
もあもあさん捜しで、しばらくこの公園には来てなかったので
変化を知らなかったのですが

今の皆さんは超健康体ズ

今来てるボラさんがスゴイのかも・・・・
これじゃ、飼い猫になるメリットないよねえ・・・


でも、このままじゃ、結局また沢山生まれて
皆も世話しきれなくなって、不幸なにゃんこが増えてしまう
どんな生き物もキャパを超えると競争の中で淘汰されて行く

人間の介入がどこまで必要か、みんなで思案中です
[PR]
by komitsuko2006 | 2007-11-06 08:44 | 生き物が生きること